Unity3D Study vol.0

2010.01.04 | unity3d

前々から時間を見つけていじっていたUnity
あまりさわれる時間がなくて、時間が空くといろいろ忘れてしまうので、改めて情報をまとめておく。
まずはUnityについて簡単な説明を。
Unityはいわゆるゲーム開発環境でwebPlayerでブラウザ上での再生ができ、Mac,Windowのアプリ、iPhone用,Wii用のゲームをつくることができる。

2009年はUnityにとってもかなり動きがあった。
当初はMac版のみだったが、去年の3月にUnity 2.5でWindows版が登場。
そしてiPhoneの開発環境のリリース、11月には旧indie版の開発環境が無料に。
かなり太っ腹です。
Papervisionなど、Flashで3Dを扱ってるとどうしても描画速度やオブジェクト数を出すための最適化に時間をつかいがちで、やったわりにはあまり速度が上がらなかったりする。
であれば、ゲームエンジンに手を出してみるのも良いかと。
実際どれくらい描画や表現力に差があるのか?
あとは、Unityで学んだことがPapervisionなどでなにかをつくるときに、役に立つのではないかと。
まぁー、ゲームが好きだから興味があるっていうのが一番なのかもしれないけど。

ひとまず、初回はとっかかりに良さそうなサイトを。

Unity documentation
http://unity3d.com/support/doc……mentation/
開発元のドキュメント充実しているので、ここにほとんどのことはのってる。

Unity for Flash Developers
http://vimeo.com/2827541
Flash開発者向けのvideo。1~7まで。

Learn! Unity
http://www.willgoldstone.com/l……ty_lesson1
もろもろ機能がわかりやすいVideoCast

There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop