2009年 Gameまとめ 後編

2010.01.04 | game

前回の続きで、2009年後半。
後半は12月にPS3を買ったり、レースゲームやってる時間が長かったような気がする。

UFC 2009 Undisputedは総合格闘技の歴史を感じとれるゲームだった。
最初にやったのは2000年発売?のドリキャスのやつ。高坂がまだ現役。
http://www.youtube.com/watch?v……re=related
かなり熱中した。対戦がかなり熱い。
その最新作UFC 2009 Undisputedは選手がかなり入れ替わってて正直知らない選手もいっぱい。ショウグンがいたりして9年間の出来事をいろいろと思い出したする。
ゲーム内容はというと、スタンドでの組み付いての打撃の攻防や、寝技のポジションの取り合いなど、かなり詳細にテクニカルに戦える。
実際の総合の戦いかたも9年前とくればてかなり進化したなぁーとしんみりできつつ燃えれるゲームだった。
http://www.gametrailers.com/vi……2009/49429

Fallout 3は発売は2008年だったけれど、クリアしたのは夏くらい。これはジワジワと面白くなっていった。
核兵器で荒廃した世界で生き抜くサバイバル。
世界がしっかりとできていて、その中でいかに行動していくか、しっかりとした本筋の物語がありつつ、その世界に放り込まれたような、洋物独特のネバっとした怖さのあるゲーム。
http://www.gametrailers.com/vi……ut-3/42126

これと似た雰囲気で現在進行中なのが、Demon’s Soul。
ここ何年かゲームやった中でかなりハマってる。
ネットで絶賛されてる理由もわかりました。
これはいろいろと考えたところがあるので、クリアしたらまた感想を書きます。
ひとまず、動画を。
http://www.gametrailers.com/vi……ouls/57298

国産ゲームで面白かったのは、BAYONETTA。
これはデビルメイクライみたいなタイプのアクションゲームなんだけど、雑魚との戦闘はかなり格闘ゲームに近い。コンボがかなりあって、いわゆる魅せる戦い方っていうのが上手くなればなるほどできるつくり。
あと、敵や自キャラクタの動きが日本的で繊細かつ力強い。こういう動きはなかなかまだ洋ゲーでは見ない。
派手さと繊細さとキャラに対しての愛を感じる。さすが。
http://www.gametrailers.com/vi……etta/58920

レースゲームもかなり充実してた。
しっとりストイックに走るならForza3。
ざっくりと爽快に走るんだったらDiRT 2。
DiRT 2はCodemasters作で相変わらずUIや音楽の使い方、グラフィック、エフェクトがかっこいい。もちろんレースも楽しめる。
Forza3は、以前にましてユーザー間のマーケットが強化された。2に比べるとUIデザインや演出は良くなってきたんだけど、もうちょっとカッコよくなるともっと気持ちよくゲームできるんだろうな。

北米メーカーのゲームは、SkateとかもWebとの連携をかなり組み込んできてる。Webとの連携は2010年はさらに進化しそう。
http://www.gametrailers.com/vi……rt-2/55522
http://www.gametrailers.com/vi……port/57472

アンチャーテッドは、かなり期待していてPS3を買った時にひとまず1を購入。1はクリア済み。
2をやったあとでまとめて感想を書く。

LittleBigPlanetこれも発売は去年。
オープニングから心をつかまれたゲーム。
開発はイギリスのMedia Moleculeってとこで、次回作にもかなり期待。
マリオWiiも少しやったんだけど、自分としてはLittleBigPlanetの方がいい。
ミニチュアの世界に入ったら?みたいな子供のころだれもが考えたであろう世界観。とにかくかわいい。
こういうスケール感の見せ方は、かなり感情が動かされることを再認識。
GoogleEarthは神の視点だけど、LittleBigPlanetは小人の視点。
こういう感覚は楽しい。
http://www.gametrailers.com/vi……anet/42079

去年全体としては、ほぼ海外のゲームしかやってない感じだった。
国内メーカーも据え置き機ゲームをもう少し頑張って欲しい。
今年も面白いゲーム体験ができますように。

There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop