UE4+Oculus+oFで展示コンテンツをつくった

Unreal Engine 4 (UE4) Advent Calendar 2014 – Qiitaの15日目の記事です。

先日、パシフィコ横浜にてYokohama ホットロッドカスタムカーショーに、UE4+Oculusを使ったコンテンツを展示してきました。
初めてのUE4とOculusでコンテンツを作ったのでそのことについて書きます。
概要については、「横浜ホットロッドカスタムショーにGodSpeed VRを展示してきた」を。

今回使用したUEのバージョンはwindowsのUnreal Engine 4.5.1です。
UEを触り始めて間もないので、間違いなどあれば指摘ください。

■システム概要
スライド1

まずシステムの概要から、シーン描画はUE4を使用しOculusに表示しています。
センシング用のアプリケーションはoFでOpenCVを使い実装しています。
4つのカメラ入力がありそれぞれのセンシング位置についたマーカーの位置の変化に応じて、アクセル、フロント・リアブレーキ、クラッチ、ギア入力の値をoscでシーン描画PCに送信しています。
受け取った値を元に、描画PCではVR上のバイクの動作を変化させ、Oculusのヘッドトラッキング位置と合わせて、ライダーのボーンを実際のユーザーの動きに近くなるように制御しています。
バイクの速度変化に合わせて、工業用扇風機の風力を変化させるためにセンシングPC内のDoctorMXに対してOSCで風量を送信し、DoctorMX からDMXで調光器から工業用扇風機を制御しています。
バイクには振動装置を2台つけて、ローパスフィルタを通った低音で筐体となるバイクを振動させています。

continue reading…

横浜ホットロッドカスタムショーにGodSpeed VRを展示してきた

横浜ホットロッドカスタムショー(12月7日 パシフィコ横浜)にGodSpeed VRとして、UE+Oculus+センシングを使用したコンテンツを展示してきました。

写真 2014-12-06, 18 14 49

アクセルブレーキ入力などをセンシングしたバイクにoculusをかぶってまたがりソルトフラッツで開催される、最高速を競うボンネビルスピードウィークをVR空間内で体感するコンテンツです。

continue reading…

pagetop